FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白眉 

三国志由来の故事成語の中でも、
特に人口に膾炙した熟語です。

辞書的な意味は、
衆人の中で最も傑出した者、同類中で特に優れているもの。
(大辞林第二版)



「馬氏の五常、白眉最も良し」(蜀書、馬良伝)

三国時代、秀才で知られた馬氏の五人兄弟がいました。
彼らは共通して字(あざな)に「常」がついていたため、「五常」と称されました。

その中でも、最も優秀だったのが馬良です。
そこで、彼の特徴である白い眉毛を以って、
「最も優れた者」の代名詞としました。



三国志ファンにしてみれば今さら説明不要ですね。
これまた言わずもがなですが、
馬良の弟が諸葛亮に泣いて斬られた馬謖です。

五人兄弟であることは有名ですが、馬良と馬謖以外の名は伝わっていません。
あとの三人は誰なのか、ということについてはよく話題になりますが、
馬良の字が季常、馬謖の字が幼常なので、
それぞれ四男と五男である可能性が高いと言えるばかりです。
兄の字はそれぞれ、「伯常」「仲常」「叔常」だと推測されます。

かつて広辞苑の白眉の説明文に「長男の馬良」と書かれていました。
当然誤植ですが、謎の多い兄弟ですね。


白い眉毛というと、村山富市元首相を思い出します。
彼の場合はたぶん年齢を重ねて白髪になるにつれて白眉になったんだと思いますが。


ランキングバナー
↑馬良の白眉を触ってみたい方は、クリックをお願いします。
スポンサーサイト

コメント

大辞林にも馬良が云々て書いてありますね。
ちょっと感激です。(笑)

馬氏の五常や司馬の八達など兄弟で共通の字をもつあざなは親がつけたんでしょうか?

どうでもいいことですが数年前に私が入院した病院は「医療法人社団 白眉会」でした。(笑)

特に内容がなくてすみませぬ。

白眉会

Googleで引っかかったので、白眉会があるのは知っていましたw

字は誰がつけるものなのかは分かりませんが、
親がつける場合もあるんでしょうね。
本人や師、あるいは碩学の人に頼んでつけてもらう場合もあったと聞いたことがあります。
兄弟みんな共通の字を持って、且つ兄弟順を表す字と組み合わせると、
オリジナリティー皆無ですよね。
私だったら嫌です(笑)

はじめまして

はじめまして、biekkoと申します。
ブログ村からやってきました。

私は中国に留学していましたので
中国語に関するブログを書いています。

三国志も大好きなので
時々三国志の諺も紹介しています。

ただそれほど詳しくないのでよかったら
色々教えていただきたいと思い
コメントさせていただきました。

これからこのブログで
勉強したいと思います。
よろしくお願いします。

こちらこそ

biekkoさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

私もブログを書きながら自分の知識を増殖・整理しています。
自分の見解も交えて書いていますので、
読まれた方に感じるところがあればと思いながら書いています。

どうぞよろしくお願いします。
biekkoさんのブログにもお邪魔します。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://genhou394.blog79.fc2.com/tb.php/29-a2e2995a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。