FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巧みな選択肢 

自己紹介にも書いておりますが、
私が三国志でもっとも好きな人物は龐統です。

今回は、その龐統についてのエピソードを書きましょう。
(というのも、何を書こうかと迷ってしまったからです 汗)

前回、劉備に征服されてしまった劉璋の話を書きました。
今回はその劉備の征蜀戦でのエピソードです。



益州牧の劉璋の信頼を得ることで、
軍隊を率いているにもかかわらず、
一切の抵抗受けずに蜀の地(他国の領土)へ深く侵入した劉備。
龐統は、一気に牙を剥いて劉璋を捕らえてしまうことを進言する。

しかし、劉備は躊躇した。
まだ蜀に来てからの日が浅く、
人々の信義を得られていないと主張したのだ。
それは何よりも「人望」を意識し、
その重要性を身に染みて知っている劉備だからこその躊躇いかもしれない。

そこで、龐統は三つの策を献上した。

昼夜兼行して成都を急襲し、一気に攻め落とす。これが上策。

劉備に警戒感を抱いている楊懐と高沛が、関所を守備している。
そこで、荊州に帰還すると偽って彼らを誘い出だし、
生け捕りにした上で軍隊を奪い、成都に向かって進軍する。これが中策。

一旦白帝城まで帰還。そして荊州まで帰りながら手段を講じる。これが下策。


言うまでもなく、荊州は当時の劉備の本拠地である。
すなわち龐統は、間髪入れずに一気に攻めるが吉。
後回しにするのを凶、として提案したのである。

劉備は中の策を選んだ。
そして、結果として成都を落とし、蜀を征服することができたのである。

だが、成都への進攻途中で龐統が戦死してしまったことは皮肉である。



龐統の此の献策は、その智謀を並び称された諸葛亮との違いが
如実に現れていて非常に興味深いところです。

諸葛亮の場合、複数の選択肢を用意したりはしないでしょう。
きっと、考え抜かれた最上の策を進言するだけです。

では、なぜ龐統はここで複数の選択肢を用意したのでしょうか。
それも、甲乙つけがたい策を選ばせるならまだしも、
既に序列がついているものを提示したわけです。

私は、劉備の心理をうまく捉えたのではないかと考えています。

劉備は劉璋を攻撃することに最後まで逡巡しています。
それが劉璋に対する憐れみからなのか、
人望を獲得できるかという懐疑からなのか、
あるいは単なる決断力のなさからなのか、
議論の余地があると思いますが、
とにかく「すぐさま劉璋を攻撃する」ということに
何かしらの抵抗感があったことは見て取れます。

しかし、龐統は戦略的に考えて
「劉璋を攻める」という決断を早急に引き出さなければならないわけです。
そこで、「応か否か」という二者択一の進言ではなく、
あえて三択にしたのではないでしょうか。

三択にすれば、「どれか」を選らばなければならない状況になります。
そして、上策と中策はどちらも成都への攻撃です。
成都急襲という過激な策を示すことによって、
中策が比較的に穏やかに見え、劉璋を攻撃することの抵抗感が和らぐのです。

攻めろ攻めろと急き立てられていながら、
一度本拠地にまで戻って・・・
などという悠長なことは流石に言えませんよね。
ですから、中策を選ぶということは
龐統にはきっと分かっていたのではないかと思います。

こうして、劉備から首尾よく「攻撃せん」との決断を、
それも進言者が押し切ったのではなく、
指揮官が自発的に選択した決断を得られたわけです。
実に巧みだなぁ、と感心するのです。


それともう一つ。
成都決戦までに、劉璋に少しの猶予を持たせることで、
武士の情けではありませんが、
義侠心溢れる劉備の性格を汲んだのではないかと思います。
また、成都まで快進撃を続け、降服者を次々と吸収するなど、
蜀の人々に対して新君主到来の演出効果も発揮できたのでは、
ということも考えてみるのです。

もちろん、これは私の個人的見解、というより夢想に過ぎませんが。


ランキングバナー
コメントしてクリックが上策。
クリックのみするのが中策。
何もしないのが下策。
さあ、どうする?w
スポンサーサイト

コメント

優れた軍師は

最上の策を献ずるだけでなく、その策を主君にとらせることが出来る者だと私は思います。
龐統は諸葛亮が劉備に策を採らせることが出来なかったのを教訓にしてこういう手をとったのでしょうね。

採用されなければ

意味がないですからね。
そういう意味でも彼は優れた軍師だったのでは、と思います。
君主が曹操であれば、こんな七面倒なことは考えなくても良いのでしょうね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://genhou394.blog79.fc2.com/tb.php/39-c9aa2e7b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。