FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏肋 

秀でた才智を持っていると形容される人物でも、
荀や郭嘉のように、政治や軍略など実地に活躍する人物がいるかと思えば、
先日紹介した孔融や禰衡のように実務面で活躍する才でない場合もあります。

今回は、一般的に謎解きやとんちでしか出番がない楊脩のお出ましです。



漢中を制圧した劉備は要害を恃みに戦い、曹操は攻めあぐねていた。

陣中で軍の進退に思いをめぐらせていたある日、料理に鶏の吸い物が出た。
その鶏のあばら骨を眺めながら考え込む曹操。
そこへ参上した夏侯惇が当夜の指示を請うたところ、
曹操の口から出たのは「鶏肋」というただ一言。

さっぱり意味の解せない夏侯惇だったが、命令は命令。陣中に「鶏肋、鶏肋」と触れて廻る。
もちろん他の将兵もどうしていいのか戸惑うばかり。
だが、楊脩は共の兵士たちに撤退の準備をするよう命令した。

それを知った夏侯惇にその理由を問われて、楊脩はこう答えた。
「鶏の肋は、味がするので棄てるには惜しいけれども、食べる部分はありません。
殿は漢中を鶏肋に譬えておられるのですから、
退くのは惜しいが、これ以上戦っても益なしと判断されたのでしょう。
ですから、こうして退却できるよう準備をしているのです。」

まもなく曹操は軍を引き揚げて長安に帰還したのである。



曹操が「鶏肋」という命令を発し、楊脩がその謎を解いて意味するところを理解した、
という話は裴松之が注で引いた『九州春秋』に見られます。
今回は、この話を少し膨らませた演義をベースに書きました。

演義では、この後楊脩は軍の士気を乱したかどで処刑されてしまいます。
さらに、楊脩が非常に機転の利く人物であることを物語るエピソードを挿入して、
一連の出来事で頭脳明晰な楊脩に嫉妬する狭量な曹操を印象付けた上で、
「鶏肋」での振る舞いを口実にして処刑という手段に出たことに結びつけています。

史書においても、楊脩はこれと同時期に処刑されたことになっています。
その原因はやはり彼の秀でた才智にあると考えれますが、
なにも曹操の個人的な感情によるものではなく、
曹丕と後継者争いを起こす虞のある曹植の後見人として有力であったためと考えられます。
このとき既に、曹操は正式に曹丕を太子に決定しており、
曹植の勢力伸長を抑える必要があったのです。

また、楊脩が袁氏の甥であるため、
曹植に有力なバックアップがつくことも懸念されたようです。
袁紹や劉表のお家騒動を目にしている曹操だけに、
自身が没した後の準備に余念が無かったとみえます。
そのために消された楊脩が、
後継者争いで滅びた袁氏の血縁者だったというのは皮肉ですね。


ランキングバナー
鶏肉ではありませんが、私は骨付きカルビを骨までしゃぶる派です。
スポンサーサイト

コメント

美味しいですよね、骨付きカルビ。
まあ私は鶏のほうが好きなんですが(笑)
それはいいとして、やはり名門である楊氏の存在は大きかったのでしょうね。
そういえば曹操は父の楊彪を嫌ってましたね。
邪推ですが、その名門という存在がコンプレックスを刺激したのかもしれません。(孔融も処刑されてますし)

宦官の孫

曹操が自身の出自に劣等感を抱いていた可能性は考えられますね。
しかし、荀ら潁川の名士連中とは強い結びつきが出来ています。
名門であれば使い道は大きいがリスクも伴う。
そういう微妙な利害のバランスの上に主従関係がありながら、
さらに曹操にとっては心理的負荷として意識される存在でもある・・・

最終的に決別した荀との関係は、この線から探ってみるのも面白そうです。

初めまして♪

アメリカ留学のブログを書いてる者です。ランキング内の様々なブログを拝見させて頂いてる最中ですが、つい見入っちゃったのでコメントも残す事にしちゃいましたw

機会があったらまた遊びにくるつもりです、よければ僕の所にも一度来て頂けたら幸いです♪

そうですね

たまに遊びに来ます。継続してアップ凄いですね。僕も努力しないと・・・。ここのところ寒いので体に気をつけて下さい。また拝見させて頂きます。

ありがとうございます。

>彰夫さん
どうもありがとうございます。
以前は頑張ってアップしていたのですけど、完全に更新が停止しております・・・

「鶏肋」って、聞く度に、「K6」を思い出す。AMDの、Pentium互換CPU。曹操って、昔のPCパーツショップの店員みたいだね。

  • [2014/01/20 20:35]
  • URL |
  • 失われた10部族
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://genhou394.blog79.fc2.com/tb.php/57-33490f35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。